Kの映画日記
今まで見てきた映画を毎日紹介! 少しマニアックになってしまうかもしれませんが・・・


プロフィール

K

Author:K
現在学生
趣味:映画鑑賞、アニメや映画の声優調べ、音楽鑑賞、サッカー、バスケット
Janne Da Arcとスガシカオが大好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ツバサ~クロニクル~
どうも、最近ろくな夢を見てないので『一度でもいいからツバサの夢を見たい』と思ったら本当に見てしまったKです。
起きた時は本当に驚きました。
まさか本当に見るとは・・・

これも何かの縁なので今日は
「劇場版ツバサクロニクル 鳥かごの中の姫君」
を紹介します。

羽となって色々な世界に飛び散ってしまったヒロイン『サクラ』の記憶を取り戻すために主人公『小狼(シャオラン)』と、共に旅をする事になった『黒鋼』と『ファイ』、そして案内役の『モコナ』の4人と1匹が色々な世界を旅する。
CLAMP原作の大人気漫画がアニメ化され、そして映画化したのがこの映画だ。
モコナの導きによって、小狼とサクラが訪れたのは<鳥カゴの国>。
ここに住む人々は皆、鳥をパートナーとして暮していた。
だが、今では王が悪政をふるい、逆らう物は皆鳥を奪われ、惨めな生活を強いられていた。
その王は不思議な力を使い、国を支配していた。
はたしてそれは、サクラの羽なのか?

黒鋼とファイと離れてしまった小狼とサクラは国王の親衛隊と間違われ、『コルリ』という少年に攻撃される。
彼は、この国の姫である『知世』を守っていた。
伯父である国王に鳥と声を封印されてしまい、森に身を隠していた。
知世やコルリ、そしてこの国を救うために小狼は国王に立ち向かう。

見所はやっぱり小狼と国王の空中戦。
顔だけになっても襲い掛かる国王の鳥と復活した知世の鳥に乗る小狼の戦いはとてもはらはらします。

さて、これのDVDを買ってみたわけですが面白いですね、やっぱり。
特典映像ではイベントの内容やオーディオコメンタリー、他にも色々な特典がまんさいです。
イベント時のキンヤさんの感想が・・・
なんとナレーターの人に「どうでしたか?」
と聞かれて
「いやー、小狼とサクラがエロイ」と
まぁ、そこまでではありませんがそう思うのは仕方が無いですね。
二人が樽に入って城に侵入しようとした時、小さな滝?のような所から堕ちた時二人の顔がマジかに!
しかも小狼がサクラに覆いかぶさる状態だったので・・・そう思っても仕方が無い。
映画だけのファンサービスっていうやつか?

35分という短い時間の中に収まりきれないほどの興奮や感動が詰まっています。
皆さん、是非見て下さい。

キャスト
小狼:入野自由
サクラ:牧野由依
ファイ:浪川大輔
黒鋼:稲田徹
モコナ:菊池美香
知世:坂本真綾
コルリ:津村まこと
親衛隊長:三宅健太
国王:中田譲治

オープニングテーマ
「aerial」
キンヤ

エンディングテーマ
「アムリタ」
牧野由依

スポンサーサイト

STAR WARS
どうも、ここの副管理人であり、最近寝るとき上半身肌着で寝るようになったKです。
とりあえず今日から書いてゆこうと思います。
というわけで記念すべき一回目は僕の好きな映画
「スターウォーズ」からいきたいと思います。


「『スターウォーズ』はアナキンの贖罪の物語なのである。」
とスターウォーズの監督ジョージ・ルーカスは語る。
たしかに新三部作ではアナキンがジェダイとなり、暗黒面に堕ちていくまでを描き、旧三部作ではダース・ベイダーとなって銀河中を支配するが、息子のルークによって善の心を取り戻す物語だ。
去年の夏に公開になったエピソードⅢですべてが繋がることとなる。
Ⅰでアナキンが『ジェダイフォースにバランスをもたらす物』と予言にある人物とされ、マスタークワイ=ガンに奴隷から救われジェダイのパダワン(見習い)となる。
Ⅱで成長し、パドメに恋をしてしまった事と母親が殺されてしまったことで苛立ちが積もり
Ⅲでジェダイに不信感をもってしまう。そして愛する人を救うために暗黒面に魅了され、暗黒面に堕ちてしまう。
Ⅳではルークの存在に気付きはじめ
Ⅴでルークを暗黒面に誘い始める。
そしてⅥでルークと戦い、善の心に目覚めるのである。
すべてを通して見てこそ真のスターウォーズが完成する。

エピソードⅢの公開で旧三部作に訂正が加えられた。
まずはエピソードⅤで皇帝のホログラムとダース・ベイダーが話すシーンがあるが、そこの皇帝がパルパティーン役の『イアン・マグダーミド』で取り直したのである。
そしてシリーズの最後を飾るエピソードⅥの最後、戦いが終わった惑星『エンドア』で祭りをやっているとそこにオビワンとヨーダ、そしてアナキンが出てくるのだが、そこのアナキンが元は無名の俳優の人がやっていたが、新しくアナキン役の『ヘイデン・クリステンセン』に変わっていて、題名も『ジェダイの復習』から『ジェダイの帰還』に変わっている。

スターウォーズは前作にすべて同じ役で出演している人がいる。
一人はC-3PO役の『アンソニー・ダニエルズ』
もう一人はR2-D2役の『ケニー・ベイカー』である。
特にケニー・ベイカーは身長110cmしかなく、R2-D2の中に入って、移動以外の機能を行っている。
お二人ともご苦労様でした。

というわけで時間の関係上これぐらいしか書けませんがスターウォーズには他にも色々な魅力がまんさいです。
暇があったらⅠⅡⅢⅣⅤⅥの順で見て下さい。
この順で見ると物凄く楽しめるはずです。
それでは皆さん、最後まで見てくださりありがとうございました。

主演者
アナキン・スカイウォーカー:ジェイク・ロイド ヘイデン・クリステンセン
オビ=ワン・ケノービ:ユアン・マクレガー アレック・ギネス
パドメ・アミダラ:ナタリー・ポートマン
クワイ=ガン・ジン:リーアム・ニーソン
ヨーダ:フランク・オズ
メイス・ウィンドゥ:サミュエル・L・ジャクソン
パルパティーン:イアン・マクダー・ミド
C-3PO:アンソニー・ダニエルズ
R2-D2:ケニー・ベイカー
ドゥークー伯爵:クリストファー・リー
ダース・ベイダー:デビット・ブラウス
ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
レイア・オガーナ:キャリー・フィッシャー
ハン・ソロ:ハリソン・フォード
ランド・カルディジアン:ビリー・リー・ウィリアムズ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。