Kの映画日記
今まで見てきた映画を毎日紹介! 少しマニアックになってしまうかもしれませんが・・・


プロフィール

K

Author:K
現在学生
趣味:映画鑑賞、アニメや映画の声優調べ、音楽鑑賞、サッカー、バスケット
Janne Da Arcとスガシカオが大好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民衆のヒーロー
アントニオと言ったら猪木よりバンテランスが先に来てしまうKです。
アントニオ・バンテランス!
と言ったら「スパイ・キッズ」と「マスク・オブ・ゾロ」
今日は
「マスク・オブ・ゾロ」
を紹介します。

スペインの植民地から独立したメキシコ。
『モンテロ』によって妻を殺され、娘をさらわれてしまい牢獄に閉じ込められていた民衆のヒーロー『ゾロ』こと『ディエゴ』は、モンテロがメキシコに帰ってくることを知り、復習を果たすために逃げ出す。
帰ってきたモンテロに復習しようとするとその場に成長した娘の『エレナ』が現れた。
娘の登場にモンテロを殺す事が出来なかったディエゴは酒場で酔いつぶれていた男『アレハンドロ』を見つける。
彼は兄弟をモンテロの部下『ラブ隊長』に殺され、復習しようとしていた。
彼の胸にはかつて自分が子供の兄弟に与えた銀のメダルがあった。
そこで、裏で何か企んでいるモンテロを探るため、年老いた自分の代わりにアレハンドロを二代目ゾロにするために訓練を始める。

見所はゾロへと成長したアレハンドロの戦う所。
殺さずに戦うゾロの華麗に舞う姿は当に紳士的です。
最後の戦いは特に見ものです。
これの続編の「レジェンド・オブ・ゾロ」もあります。
両方とも是非見て下さい。

アレハンドロ:アントニオ・バンテランス
ディエゴ:アンソニー・ホプキンス
エレナ:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
モンテロ:スチュアート・ウィルソン
ラブ隊長:マット・レッシャー
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。