Kの映画日記
今まで見てきた映画を毎日紹介! 少しマニアックになってしまうかもしれませんが・・・


プロフィール

K

Author:K
現在学生
趣味:映画鑑賞、アニメや映画の声優調べ、音楽鑑賞、サッカー、バスケット
Janne Da Arcとスガシカオが大好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


息子のために、男は銃を手にした。
こんにちは!Kです。
久々の更新です。部活が始まると忙しいんで(と言いつつ今はテスト期間だから部活は無い)
疲れますね、テストは。
さて、今日は息子のために病院に立てこもった男の姿を描いた映画
「ジョンQ~最後の決断~」
を紹介します。

会社の都合で半日勤務となり、月給も下げられ、妻の車まで持っていかれてしまった男、『ジョン』は今の生活を保つために毎日バイトまでもして働いていた。
彼には妻の『デニース』とボディービルダー好きの息子、『マイク』に支えられ、毎日を過ごしていた。
ある日、マイクの野球の試合を友人と共に応援をしに行くと、見事にマイクはヒットを放つ。
だが走塁中、マイクは突如倒れてしまう。
慌てて駆け寄るとマイクは呼吸すらしていなかった。
救うためには心臓を移植するしかなかった。
だがそれをするにはかなり高額な金が必要だった。
現金でないと支払いが出来ず、保険も役に立たない。
どんな手をとっても移植をする事が出来なかった。
そして病院はマイクを退院させることにすると言って来た。
そうすれば息子は確実に死んでしまう。
大切な息子を死なせたくないジョンは、銃を取り、病院を占拠した。
彼を説得するために警部補の『グリムズ』がやってくる。
果たしてジョンは、息子を救えるか、グリムズは彼の救おうとするが、警察本部長の『モンロー』がやってきてジョンを射殺する命令を下す。
そんな中、彼を射殺するために罠としてかけさせた電話を聞き、多くの人の心が動かされる。

息子のために命を懸けた心優しい男の感動の物語です。
金が無ければ手術はしないという医療世界の現実を息子を助けようとする男の姿と共に描いています。
主人公のジョンが息子と電話で話すシーンはとても感動できます。
見ていて涙が出て来ました。
こっちも心が動かされました。
皆さんも是非見てください。

ジョン・Q・アーチボルド:デンゼル・ワシントン
デニース・アーチボルド:キンバリー・エリス
マイク・アーチボルド:ダニエル・E・スミス
グリムズ:ロバート・デュヴァル
モンロー:レイ・リオッタ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。