Kの映画日記
今まで見てきた映画を毎日紹介! 少しマニアックになってしまうかもしれませんが・・・


プロフィール

K

Author:K
現在学生
趣味:映画鑑賞、アニメや映画の声優調べ、音楽鑑賞、サッカー、バスケット
Janne Da Arcとスガシカオが大好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ショーリューケン!!
ラッセラーラッセラーラッセラーラッセアー
ポーツマス!ポーツマス!
ニャー!!
ショーリューケン!!
Kです。
猫ひろしのネタばっかり書きましたが・・・特に意味がないと思います。

まぁショーリューケン!てことで、大人気ゲームの実写版映画
『ストリートファイター』
を紹介します。

世界制服をもくろむ独裁者『バイソン』は宿敵、『ガイル大佐』を倒すため、たくさんの人々を人質にとった。
72時間以内に200億ドルを払えなければ人質を全員殺すと宣言した。
連合軍の司令官、ガイル大佐は武器取引の闇市場のことを知り、バイソンに通じているシャドルー団のボス、『サガット』の元にスパイを送り込む。
そしてサガットもろともシャドルー団を捕まえたガイル大佐はその場にいた『リュウ』と『ケン』に頼み、サガットをわざとバイソンの元へ逃がした。
バイソンの基地の場所を特定した連合軍はガイル大佐を中心に侵入する。
そのガイル大佐の元にたくさんのファイターが集まってきた。

見所はファイター達の格闘シーン。
ゲームに負けない程迫力満点な戦いが見られます。
ガイル大佐に今有名な俳優、『ジャン・クロード・ヴァン・ダム』が演じています。
この映画ではおなじみの「波動拳」と「昇竜拳」のもどき(?)が見られます。
ストリートファイターを知っている人はどんなファイターが出てくるか意識してみるとより楽しく見る事が出来ます。
それでは皆さん、また今度。

ガイル大佐:ジャン・クロード・ヴァン・ダム
バイソン将軍:ラウル・ジュリア
サガット:ウェス・スデューティ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。